日本の船・瀬戸内海プチクルーズ




今回は瀬戸内海に面した四国・高松港(香川県)から本州・神戸港(兵庫県)までフェリーを用いてプチクルーズすることにしました。

瀬戸内海は本州・四国・九州に挟まれた東西約450km、南北15~55kmの海域を言います。瀬戸内海はこのように狭い海域でありながら727もの島々が存在します。瀬戸内海のクルージングは海と島により構成された世界でも類を見ない風光明媚な景色を楽しむことができます。

高松から神戸まで、日中は小豆島(香川県)を経由して、119kmを約4時間半で運行しています。そのため、気軽なプチクルーズを楽しめます。また、この航路の最大の特徴は夕方の瀬戸内海の美しさ、世界最大の吊橋・明石海峡大橋の下を通ること、そして海上からの神戸の夜景を見られることにあります。

私の乗る便は、高松港(高松東港)を14時半に出港します。高松東港は、高松駅から車で10分程度の距離で、出航時刻に合わせて無料連絡バスが運行されています。高松東港フェリーターミナルはフェリーの出航時刻だというのに人がまばらです。これは、高松駅から神戸三宮までフェリーよりも速い高速バス(所要約2時間半)が運行しているため、地元の人はわざわざ遅いフェリーに乗らないということにあります。フェリー会社には気の毒ですが、観光客としては空いていて快適です。

高松東港・フェリーターミナル

フェリーターミナルからタラップを渡ってフェリーに乗り込むと、船内の各デッキに上がる綺麗な階段がありました。最近の日本のフェリーはバスや鉄道と競争するため、どれも豪華な船室となっています。座敷席もありますので寝転ぶこともできますよ。

ジャンボフェリー・船内
ジャンボフェリー・船室(椅子席)
ジャンボフェリー・船内(座敷席)

続きを読む “日本の船・瀬戸内海プチクルーズ”

日本の鉄道・瀬戸大橋編

瀬戸大橋を鉄道で渡る

今回は、鉄道で瀬戸大橋を渡ることにしました。

瀬戸大橋は、瀬戸内海をまたいで本州(岡山県倉敷市)と四国(香川県坂出市)を結ぶ合計6個の海上橋で構成されています。

列車は岡山駅を起点に高松(香川県)、松山(愛媛県)、高知、徳島の四国各地を結んでいます。四国の玄関口である都市・高松へは岡山から1時間以内で行くことができ、また列車も30分に1本程度運行されていますので気軽な観光コースとなります。

 

快速マリンライナー・高松行き

今回乗車した快速マリンライナー25号は岡山駅5番ホームからの出発です。快速マリンライナーは日中には自由席(4両)と指定席・グリーン席(併せて1両)の合計5両編成で運転されています。今日は平日ということもあって自由席であっても十分に空いていますね。なお、指定席とグリーン席は2階建て車両で、特にグリーン席は2階部分にありますので見晴らしも素晴らしいというメリットはありますよ。

 

快速マリンライナー・グリーン車

列車は岡山駅を定刻通り11時13分に出発しました。岡山駅を出発したマリンライナーはゆっくりと宇野線を瀬戸大橋に向けて走ります。岡山駅から途中の茶屋町駅間は1910年の完成で100年以上経っているのと、単線ということもあってスピードは出せません。次の停車駅・妹尾駅では岡山駅行きの反対列車と出会いました。また、列車は走り出してほどなく茶屋町駅に到着しました。岡山駅から14分の距離です。この駅からいよいよ本四備讃線となります。本四備讃線(瀬戸大橋線)は1988年に開通した比較的新しい路線ですので茶屋町駅は高架の近代的駅舎です。列車は茶屋町駅を過ぎると一気にスピードが上がります。複線で軌道が優れているので列車は最高時速130KMの高速運転です。約8分列車は走ると本州側の端の児島駅(岡山県倉敷市)に着きます。

続きを読む “日本の鉄道・瀬戸大橋編”