GINZANBOYZ 超スーパー地下アイドルデビュー!(兵庫県朝来市生野) 河童・天狗 妖怪めぐり(兵庫県福崎町)

いま日本で話題のマイナー観光地に行く!

日本で有名な観光地といえば、東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオジャパンや富士山などが挙げられますね。
でも、これらの観光地は何度も行ったので、日本人しか行かないようなおもしろい観光スポットはないですかね?このような皆様の期待に応えるため、今回は日本人しか行かないレアな観光地を紹介いたします。

妖怪・河童

1.河童と天狗(兵庫県・福崎町・辻川山公園)
日本の妖怪に河童と天狗があります。河童は川や池などの水辺に生息するといわれる謎の妖怪です。体は緑色、頭に皿があり、手には水かきがあるとされています。また、天狗は赤い顔で鼻が高く団扇を持っている山奥に住む妖怪と言われています。
兵庫県の中央部付近にある福崎町に、この河童と天狗が現れる公園があると聞いてわれわれ取材陣は取材に行くことにしました。

辻川山公園

現場に着くと、その公園入口付近に池があって、池の周りにたくさんのギャラリーが池を覗きこんでいます。池はどこにでもあるようなもので鯉がのんびり泳いでいるだけでした。私もギャラリーと一緒に池を除きこむこと数分、池からブクブクと泡が出てきましたよ!

これが池から現れるという話題の河童でした。どう見ても可愛くない。このリアルな河童を見て泣きだしてしまう子供もいるようです。ところで、この河童の名前は“河次郎”(がじろう)と言います。この池に河次郎が現れるのは、妖怪研究で有名な民俗学者“柳田國男”がここ福崎町出身ということに由来しているそうです。

皿の水がなくなり固まってしまった河童・河太郎(がたろう)

河童は頭の皿が乾くと死んでしまうといわれており、池の横には皿が乾いたため死んでかたまってしまった“河次郎”の兄の“河太郎”(がたろう)の像が置かれています。観光地の妖怪は大抵かわいらしく作られるものですが、この河童もリアルで怖いですよね。このリアルさが日本では話題となっているのです。なお、河童は9時~17時の毎時0分・15分・30分・45分で各回3度出現します。

妖怪・天狗の広場

河童の出現が終わるとギャラリーは池のすぐ横にある広場へと移動し始めました。私も同様に広場に移動しました。広場には頭上にワイヤーが張られておりその端に小屋のようなものがあります。ここから天狗が出てくるのでしょうか。ここでも待つこと数分、“ギー”と音がして小屋の扉が開き始めました。

続きを読む “GINZANBOYZ 超スーパー地下アイドルデビュー!(兵庫県朝来市生野) 河童・天狗 妖怪めぐり(兵庫県福崎町)”