日本の祭り 神戸近郊

十日戎

西宮えびす
十日戎参道

十日戎は毎年1月9日から11日までの3日間行われるえびす神社での祭典です。

えびす神社は全国で約3500社存在すると言われており、その多くの神社はこの時期に祭典を実施しています。

今回は、その中でも全国のえびす神社の総本社であり十日戎参拝者100万人を誇る西宮神社(兵庫県西宮市)をご紹介します。

西宮神社は、阪神電鉄西宮駅南口から南西へ徒歩5分程度の距離にあり西宮市の中心地にあります。もっとも、十日戎の開催時期は多数の参拝客が訪れるため、数十分はかかることになります。しかし、駅から神社までの間は十日戎開催時には露店が道路わきに設置され、露店を楽しみながらそのすきまを進んで行くことになるため混雑は思うほど苦にはなりません。そして、この露店は、たこ焼き、ベビーカステラなどの食べ物や、くじ引き、射的、スマートボールなどの子供の喜ぶ遊戯もいっぱいあります。中には、いんちきまがいの意味不明な物が売られていますが、数百円程度のもので参拝客はご愛嬌として楽しみながら購入する姿がみられます。

十日戎参道

歩いていると突然、電気ソーダという夜に光っている不思議な液体が売られているではありませんか!電気ソーダとはいったい何なの?蛍光塗料をソーダに入れて飲んでみても大丈夫なのかな?

電気ソーダ!?

な~んだ!電球の形をした容器に普通のソーダが入っており、容器の横につけられた小さいLEDライトに照らされているだけでした。子供だましの代物でした。でも、電気ソーダを買った子供達を見ると嬉しそうに喜んでいますよ。

 

西宮神社楼門

露店に寄り道しながら進んで行くと西宮神社に到着しました。門をくぐると神社境内となります。境内に入っても露店がたくさん出店され、その間を本殿に向かい進んで行きます。

 

境内の露店
妖怪ウォッチのくじ引き

妖怪ウォッチのくじびきの露店もありますよ。

参拝者の多くは去年に神社で買った福笹やお札をここで返納します。

 

納札所
ここで昨年の福笹・お札を返納します。

露店で飾り物も販売されています。この飾りを買った人は来年の十日戎まで家または会社で飾ることになるのです。

飾り物販売の露店

えびす神社は商売繁盛の神様として信仰されていますので、事業を営んでいる人が神社に奉納しているものが見られます。この旗も企業名が書かれていますのでどうやら奉納されたもののようですね。

奉納旗

ようやく本殿にたどりつきました。参拝客が本殿の中で参拝するために列を作っています。

 

西宮神社本殿

参拝後、出口に向かう通路も露店がいっぱい設置されています。

 

お化け屋敷!

中にはおばけ屋敷の出し物まで設置されていました。出し物自体が怪しげですね~。でも、ここはご愛嬌ということで。

 

ベビーカステラ
ベビーカステラ

日本のお祭りの露店ではベビーカステラが最も有名です。紙袋に小さいカステラ(小麦粉、卵、砂糖で作られたプチケーキのようなもの)が人気で、列を作って買い求める参拝客が目立ちます。

神社を出て駅に向かうのも一方通行でその途中にも露店が設置されています。駅から神社への往路、神社境内、神社から駅への帰路すべてに露店が設けられ、参拝客(特に子供)は参拝の道中の露店を楽しむのが日本の祭りと言えます。

西宮神社はえびす神社の総本社であるだけ、多数の参拝者が訪れる阪神間最大の祭典と言われています。また、祭典の中心は十日戎といわれるように1月10日であり、この日の朝6時には開門後一番福を競い合う「福男選び」が実施され、神社の開門と同時に男たちが230Mの境内を競争する光景は日本の風物詩であり全国にニュース報道されています。

是非、日本の年中行事であるお祭りに足を運んでください。日本人の歴史的なエンターテイメントを体験することができるでしょう。

●アクセス

阪神電鉄西宮駅南西に徒歩5分

●開門日時

年中無休

4月~9月  5:00~19:00

10月~3月 5:00~18:00

●参拝料     無料

十日戎

参拝料  無料

開催時期

毎年1月9日~11日

開催時間

1月9日8:00~24:00

1月10日6:00~24:00

1月11日8:00~24:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。