茅葺集落探訪

桃源郷のような茅葺集落(京都・美山)

1.茅葺屋根民家の歴史

日本はその昔は農業国であり日本全国に茅葺屋根の農家が多く存在しました。しかし、茅葺は火災に弱く、屋根の葺き替えに高額費用が生じるため戦後はその数が極端に減少しました。また、現在は茅葺職人も減少しているため、現代日本においてはほとんど茅葺屋根を見ることはできなくなりました。

2.美山かやぶきの里

そのような現代においても茅葺民家が多く現存している地域があります。それが、京都府南丹市の美山町です。美山町は京都市内から車で1時間30分程度の距離ですが、交通の便が悪く発展が遅れたため茅葺民家がそのままの形で存続したといえます。

今回は、日本でも貴重な茅葺集落を取材することにしました。

美山町の入口にある”かかし”
”かやぶきの里”入口にある旧式郵便ポスト。

車が美山町に入ると案山子がお出迎えしてくれました。案山子自体珍しくなった現代、この町には日本の伝統がそのままの形で残っていると期待が膨らみます。

美山町の中心地から車で10分ほどさらに走ったところに“美山かやぶきの里”があります。この地域は美山町内でも茅葺民家が数多く現存している地域なのです。美山の茅葺民家は日本でもあまり認知度が高くないため、観光客の数はそれほど多くありません。そうとは言え、観光客用に広い駐車場、土産店やトイレ等も整備され、誰でも気軽に観光できます。

雲が下りてきた幻想的な
”かやぶきの里”(京都・美山)

車を駐車場に停め、そこからすぐ近くにある茅葺民家の集落に歩いて向かいます。

”かやぶきの里”入口にある今は数少ない郵便ポスト。今も現役として使用されています。
茅葺民家とコスモス

集落の入口には今は日本でも数えるほどしか存在しない古い郵便ポストが残っていました。茅葺集落を見ていると、まるで昔の日本にタイムスリップしたような感覚に陥ります。また、茅葺集落のあたり一面にきれいな花が咲き誇っています。まるで桃源郷に入ったかのような錯覚に陥りました。しかし、この集落は観光用に作られたものではなく、まぎれもなく現代においても農家の人が普通に生活しているのです。そのため、茅葺民家を外から見るという制限は付くのですが、いまだに生き続ける貴重な文化遺産という点では極めて貴重なものといえます。なお、中には資料館として開放しているものや、喫茶店として観光客を受け入れている民家もありますので観光としても十分楽しむことが出来ます。

茅葺民家造りの美山民族資料館
資料館内に展示されている農業器具
茅葺民家内の風呂

せっかくここまで来たので“美山民俗資料館”に入場することにしました。中は昔の農家が使用していた農具等が数多く展示されています。また、各部屋に入って茅葺民家の建物を中から見ることが出来ます。昔の日本人がどのような生活をしていたかを知る貴重な経験が出来るのです。

美山民俗資料館(かやぶきの里内)

営業期間 10:00~16:00(12月~3月)、9:00~17:00(4月~11月)

休館日 年末年始

入場料 大人300円、こども150円)

茅葺民家の喫茶店”カフェギャラリー彩花”。 ゆっくりとした時間が流れます。
喫茶店でスイーツを食べていると時間が経つのを忘れます。

茅葺集落を散策して疲れたら、茅葺民家の喫茶店で休憩をすることが出来ます。古い建物の中で食するコーヒーやスイーツは普段と違った開放感がありました。時間が経つのを忘れるかのようです。

“美山かやぶきの里”はそれほど広い地域ではありませんので、早く回ると1時間もあれば見学できます。でも、貴重な建造物群をより楽しんでいただくには、茅葺民家の民族資料館や喫茶店に入って2~3時間程度の時間を取られることをお勧めします。

カフェギャラリー彩花(さいか)

営業時間 11:00~17:00

定休日 不定休 登記は水、土、日曜日および祝日に営業しています。

3.美山Futon&Breakfast

美山Futon&Breakfast
外観

美山町には数多くの茅葺民家があり、それが宿泊施設として使用されているところがあります。その中の一つ“美山Futon&Breakfast”を取材してきました。

美山Futon&Breakfast
外観

この宿泊施設は美山町の中心地から“かやぶきの里”とは反対方向に車で約10分ほど走ったところにあります。この宿泊施設は1棟貸し切りで使用することができ、宿泊定員は10名までとなっています。1人だけでも貸し切ることはできますが、人数が多くなるほど割安で宿泊することが出来ます。そして、この茅葺民家は1階、2階とも部屋がありますのでグループ内でも男性と女性を分けて宿泊することができます。グループにお勧めな宿泊施設です。

この宿泊施設は朝食付きですが、夕食は炊事場があり、自分たちで食事を作って食べることができます。炊事場には冷蔵庫、IHレンジやオーブンなど現代の機器が設置されています。なお、この宿泊施設と提携している店から夕食を取り寄せることもできます。

近代式のキッチン
大きな冷蔵庫も完備
食器類も充実
電子レンジもあります。
キッチンのシンクも現代風
洗面所
ウォシュレット対応トイレ
バスルーム
バスルーム

古民家ではキッチンやトイレなどの水回りに気になるところですが、その点については現代風に改造されており何の問題もありません。西洋人に人気があることにも頷けます。

茅葺民家2階部分。茅葺屋根に手が届きます。
2階にはテーブル・椅子もありました。
2階にある化粧台

建物の2階部分は茅葺の天井が手の届くところにあり、幻想的な雰囲気を醸し出しています。椅子も準備され時間がゆっくり流れる空間でリラックスしていただくことが出来ます。

WI-FI完備

この宿泊施設自体は茅葺の歴史的建造物ですが、水回りは現代人の使用に合わせて改造され、うまく調和されています。また、WI―FI環境も充実しており宿泊に不便を感じることはありません。

キッチンのテーブル。 茅葺民家と調和しています。
鶏小屋(運が良ければ新鮮な卵も食べられるそうです。)

今まで経験をされたことのない茅葺民家での宿泊をぜひお楽しみください。

4.アクセス

京都市内から車で約1時間半。

鉄道利用の場合は、京都駅からJR嵯峨野線快速で園部駅まで約40分。園部駅から美山町まで市営バスで約1時間。バスの数が少ないですのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。